お椀になりたかったツリー

割れ、節などがあるため、お椀として加工することのできなかった材料をアップサイクルして生まれたツリーです。
小田原にある薗部産業さんの「めいぼく椀」に使われるヤマザクラなどの国産材や小田原産のヒノキ間伐材を使用。さまざまな樹種の香りや手触りがそのまま楽しめる無塗装のナチュラル仕上げです。
上部の飾りは日常使いとホリデーシーズンの2通り、1年中楽しむことができるよう「三角形」と「星形」を用意しています。上部の飾りを取り外せば枝部分をバラバラに外すことができるため、組み替えてお好みのシルエットで楽しむこともできます。
インテリアとしてだけではなく、小さなお子さまには木のおもちゃとしても遊んでいただけるよう、きちんと面取りをし、無垢材のやさしい香りと手触りも楽しんでいただけます。
「お椀になりたかったツリー」にふれることで、木を身近に感じ、楽しみながら環境や木材のことを知るきっかけにもなります。
どの枝が何の樹種なのかわかるよう、それぞれの樹種名を表記したペーパーを同封しています。

材質 天然木(国産材)
寸法 176mm(H) x 130mm(W) x 50mm(D)

天然木の特性上ご使用に伴い色合いが変化します。

¥ 4,180

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料600円が掛かります。

通報する

RELATED ITEMSこちらもおすすめ